RSS | ATOM | SEARCH
犯罪「空き巣御用」

犯罪「空き巣御用」

 

「えーっ、どこにしようかなあ」

「兄貴、何探しているんだい?」

「決まっているだろう。空き巣に入る家だよ」

「そうだった。俺たち泥棒だったんだ」

「よし、決めた。この家にしよう。まずは、この家に電話をしてみる」

「そんなことしたら、これから行きますって言っているようなものだ」

「もし家に誰かいたら、間違い電話を装って切ればいい。留守番電話になったら留守ってことだから、堂々と空き巣が出来る」

「頭がいいねえ」

 ルルルル・・ッ、カチャッ。

「(ただいま留守にしています。発信音が鳴り終わりましたら、メッセージをお入れ下さい。ピーッ)」

「今から空き巣に行くので、よろしくお願いいたします、てか。はっはっはっ・・・」

 カチャッ

「兄貴、そんなメッセージ入れてもいいのかい?」

「大丈夫、留守なんだから、被害にあって、メッセージを聞けば、追い討ちをかけてショックが大きくなる。愉快愉快。じゃあ、行って来るわ」

 かくして、泥棒はその家に入ったが、中では家人と警察が待ち構えていて、あえなく御用となった。

「私がトイレに入っている間に、留守電にメッセージが。それですぐ警察に電話したの」

「私たちが来るまで、恐かったでしょう。被害がなくてよかったですね。では、奥さん、犯人は取調べのため署に連行します。また何かあったら、ご連絡いたします」

・・・この続きは動画

 

author:トムテのマスター, category:お話, 19:46
comments(0), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:46
-, -, -
Comment