RSS | ATOM | SEARCH
読み聞かせ「ふるやのもり」

読み聞かせ「ふるやのもり
むかーし、むかしのこと、おじいさんとおばあさんが、仲良く暮らしていました。家の中には何もなく、貧乏でした。あるものといえば、馬が一頭あるだけでした。二人は、この馬をわが子のように、大事に大事に育てていました。馬小屋はありませんでしたが、家族のように同じ屋根の下で生活をしていました。
ある夜のこと、二人の家に、馬泥棒がやってきました。馬泥棒は、天井にするすると登ると、梁の裏に身をかくしました。 …

 

author:トムテのマスター, category:お話, 19:28
comments(0), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:28
-, -, -
Comment