RSS | ATOM | SEARCH
パネルシアター「現代地獄めぐり」のあらすじ

パネルシアター「現代地獄めぐり」のあらすじ

 パネルシアター「現代地獄めぐり」は、上方落語の演目の一つ「地獄八景亡者戯」が元になっています。落語の「地獄八景(地獄めぐり)」は、落語家によって様々なスタイルがあります。あまりのスタイルの多様さからは、創作落語と言ってもいいくらいです。さて、パネルシアターの「地獄めぐり」は、現代の世界に通じることから、「現代」を冠しています。

 登場人物は、鯖吉、鯖吉の父親、長屋の大家、福田屋の若旦那、船頭鬼、閻魔大王、軽業師の飛猿(とびざる)、医者の安心、人呑鬼、案内人などです。登場人物も多く、奇想天外の展開は、「次はどうなるのだろう」と興味津々になります。…

パネルシアター「現代地獄めぐり

 

author:トムテのマスター, category:パネルシアター, 09:05
comments(0), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:05
-, -, -
Comment