RSS | ATOM | SEARCH
絵本にある文章量

絵本にある文章量
絵本の文章が少ないからと言って、侮ってはいけません。読み聞かせの初心者は、一般的には文章量が少ない絵本から手がけていきます。そのほうが言葉につまる事も少なく、ページ数が少ないことが多いので、聞いている方も疲れません。
一方、文章が多くても少なくても、物語に起承転結があれば理解しやすくなります。起承転結というのは、物語をわかりやすい構造で示し、聞き手はその手順に沿って聞き進めます。原作者もそのような手順で書き進めれば、基本的なことが押さえられます。…

絵本の世界

 

author:トムテのマスター, category:絵本, 11:15
comments(0), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:15
-, -, -
Comment